スタッフブログ

2019.02.14更新

 

 

 

皆さん、人生で歯の痛みを経験したことはありますか?

 

多くの方は、生まれてから今までに何度か経験していると思います。

 

 

毎日、歯科診療に携わっていますと、

1日に何人かは、歯の痛みを訴えて来院されます。

我々歯科医師は、まずは、患者さんから問診や様々な検査を行い、

その痛みを開放することが、最も大切な仕事になります。

 

 

最も大事なのは、問診つまり、患者さんから聞く情報です。

その際、今の症状だけではなく、

過去の痛み・経験の有無も大きな診断の糧となります。

 

 

 

歯の痛みは、客観的なものではなく主観的なものでありますが、

相対的に痛みをランキングしたいくつかの研究から、

“虫歯が神経に達した時の痛みが最高レベルにランクされている”

といった事実があります。

つまり、歯髄炎と呼ばれる疾患です。

 

 

歯科クリニックへ飛び込むと、

多くの歯科医師は、神経を取る治療(抜髄処置)を行い、

痛み止めを出したり、再度根の治療をしたりと

やみくもに目的のない治療を繰り返すのですが、

痛みの原因がわからない中での治療に効果は期待できません

 

 

そして結局は、歯以外の箇所からの痛みとして、

別の医療機関へ紹介される場合が多いのですが、

的確な原因が不明なままでの治療は、

結果どこの医療機関でも解決できずに、路頭に迷う患者さんが少なからずおられます。

 

 

歯の神経を取る治療は、

確実な診断のうえ、かなり慎重に行わなければなりません

 

 

その手順を間違うと、

いつまでも続く出口のないトンネルのような“痛み”

向き合わなければならない事態も招きかねません。

 

 

 

今年の1月に歯科専門書として出版しました

「エンド由来歯痛」の中に、原因がわからない歯の痛みについて、

多くの解説をしております。

 

 

“歯の痛み”について長年研究をされ、

多くの患者さんを救って来られた長谷川誠実先生と一緒に

約1年半の月日をかけて、執筆してきました。

痛みが出て、神経を取るという処置(抜髄処置)が必要な際に、

是非一人でも多くの歯科医師に読んでもらいたい“歯の痛みの専門書”です。

 

 

この本が、多くの患者さんの痛みを救えることができましたら、本望です。

 

 

 

あ

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック