スタッフブログ

2019.07.02更新

 

唾液の虫歯を防ぐ働きってなに?


みなさんのお口の中は、常に唾液が出ていて潤っています。
この唾液には、消化を助ける作用や免疫の作用の他にも様々な働きがありますglitter
その中でも虫歯を防ぐ働きがあるのをご存知でしょうか?

tooth虫歯を防ぐ働きの一部に以下のようなものがありますtooth
酸や糖を洗い流す希釈・洗浄作用
・賛成になったお口の中を中性に保とうとする緩衝作用
・脱灰によって溶けたミネラルを歯の表面に戻していく再石灰化


唾液の一日の分泌量は、通常1.5Lにもなります汗
そのような量がお口の中を流れているので、お口の中は常に酸や糖が洗い流されている状態になっています。

また、唾液の緩衝作用とは…
食べ物の酸によって酸性になったお口の中を中性に戻す作用のことをいいます。
お口の中が酸性になると歯からミネラル成分が溶けやすい状態になり、虫歯になりやすくなります。un
唾液の緩衝作用によってこれを防ぎます。


再石灰化という言葉は聞いたことありますか?
唾液の中には歯の主成分となるカルシウムリンが含まれており、一度脱灰した(初期虫歯の状態)歯の成分を取り戻してくれますglitter
これが再石灰化ですtooth

 唾液の力


福西歯科クリニックでは、虫歯になるリスクを判定する検査(カリエスリスクテスト)を行っています。
カリエスリスクテストの中で、唾液の量や緩衝作用を調べることができます。
ご自身の虫歯になるリスクがわかると、予防の対策もしやすいですねnico

 

何か気になることがございましたら、ドクターや衛生士にお尋ねくださいnico

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック