スタッフブログ

2015.10.26更新



本日は
スマートホワイトニング
についてお話をいたします




「歯の神経が死んでしまって
歯が黒く変色してしまった・・・」


なんていうことを聞いたことはありませんか??

前歯が黒ずんだり、変色してしまったりするのには、
原因がいくつかあります

今回は、
神経を取ったり神経が死んでしまったりしている歯が
黒ずんでくる原因と対処法について
ご紹介させていただきます




歯の神経取ったりすることで神経が出血し、
血液の成分であるヘモグロビンやたんぱく質の色素が
歯の内側に沈着してしまいます

これが歯が黒ずんでいる原因の1つです





神経が死んでしまって変色した歯に対しては
通常のホワイトニングではあまり効果がない場合が多く
神経のない歯に対して歯の内部から行う
スマートホワイトニング(ウォーキングブリーチ法)
という方法があります


歯の裏に穴を開け、
そこに薬剤を入れて歯の内部から白くしていきます

スマートホワイトニングで使う薬剤は、
歯の内部に沈着した色素を分解し
それによって歯を白く出来るのです


約1~2週間ごとに薬剤を交換して
歯が白くなったら中の薬剤を除去し
最終的な蓋をします



術前                          術後

  




ただし、歯の変色といっても原因は様々です

スマートホワイトニングの適応かどうかはケースによりますので
気になる方は一度福西歯科クリニックにご相談に来てください



その他の審美治療については
こちらをご覧下さい



 

2015年10月30日 






 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ