スタッフブログ

2016.10.27更新

 


みなさんは寝ている時、

歯ぎしりやくいしばりを指摘されたり気づいたりしていますか??ni

 

一般的に歯ぎしり・くいしばりは、

日常生活におけるストレスを解消するための

生理現象であると考えられていますun

 

しかし、その時に歯に加わる力はお食事の時と比べて

約6倍ともいわれていますbibibi

 

また、歯ぎしり・くいしばりは音が出ない場合も多く

ご自身の自覚やご家族の指摘がなくても

およそ96%の人が寝ている間や

無意識のうちに行っているという報告もあります!

 

実際に、歯ぎしり・くいしばりに関連する症状として次のことがあります。

          ✧歯が磨り減る
          ✧歯がしみる
          ✧歯や詰め物が欠ける、割れる
          ✧歯周病の悪化(骨が減る、歯肉がやせる、歯が揺れるなど)
          ✧あごの関節が痛む
          ✧あごの周りの筋肉が痛む
          ✧頭痛や肩凝り
          ✧眠りが浅い

 

などなど…

寝ている間は、無意識なので、
歯ぎしり・くいしばりによる障害を予防するためには

ナイトガード(マウスピース)

NG

をつけてもらうことが必要ですglitter

 

 

福西歯科クリニックでは、治療後の歯を守っていくために、

ナイトガードの装着をおすすめしております


保険診療で出来ますので、お気軽に相談してくださいねnico

 

 

 

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック