スタッフブログ

2018.02.26更新

 

 

ラバーダム防湿とは…


みなさんは歯科の治療の時に、ラバーダム防湿をしてもらったことがありますか??ni

少し前から、テレビや新聞等でも取り上げられたりしていますが、
実際の歯科の治療でどのような時にラバーダムをするのか

どのような目的でするのかなど、ご紹介しますnico

 

ラバーダム防湿は、歯にクランプといわれるリングを引っ掛けて

歯の周りにゴムのシートを張ります。

 

1

 

 

 

14

 

 

歯を隔離し、口腔内の唾液や細菌が入ってくるのを防ぐことが出来るため、

清潔な状態で治療をおこなうことが出来ますglitter

 

 

1

 

 

ラバーダム防湿は主に根管治療を行う時にしますtoothmagnifier


歯の神経が死んでしまったり根っこが膿んでしまったりすると、

根管治療をして、歯の根っこの中をきれいにする必要がありますbibibi

根管治療によって歯の根っこの中をきれいにしても、唾液が根管内に入ってきてしまうと

、再度感染してしまう可能性が高くなります。

新たに感染しないためにも、根管治療の時はラバーダム防湿が必要なのですnico

 


その他の目的としては…
治療用器具や感染した歯の削りかすなどの誤飲、誤嚥を予防する
唇や頬、舌などを排除出来るため、安全に治療が出来る
薬液や貼薬剤が漏洩するのを防止する
などがありますup arrow

 

根管治療のときは、ラバーダム防湿をしているとあらゆる意味で安心ですねglitterglitter2

福西歯科クリニックでは、保険でも保険外でも根管治療のときは

ラバーダム防湿をしています

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

根管治療の相談も受け付けていますので

お気軽にお声かけ下さいねbutterfly

 

 

 

 

投稿者: 医療法人宝樹会 福西歯科クリニック