当院の5つのコンセプト

当院では、上記のコンセプトを掲げて治療に当たっております。簡単に説明します。

1.患者様のニーズを最優先に考えます(徹底したインフォームドコンセントの実践)

患者様は多くの、また様々な主訴を持って来院されます。当院では、まずは患者様の話をじっくりお聞きして、適切な処置を行えるよう努めております。必要がありましたら、治療のアニメーションソフトや実際の治療症例を見ながら納得のいく説明をさせて頂きます。

診査の結果、いくつかの治療法を提示することがありますが、それぞれの利点、欠点をお話しさせていただき、患者様に治療選択をしていただきます。決してこちらから治療法を強要することはございません。

また、当院では処置が困難な症例におきましては、大学病院(大阪大学、大阪歯科大学)や提携している病院に紹介させていただくネットワークも構築しております。

2.天然歯の保存に全力を尽くします

当院では、「歯を抜いて下さい」という主訴で来院される患者様はいません。

すべての患者様が「できるだけ歯を残して下さい」ということで、いくつもの歯科医院を回って「この歯を残すことは無理です、抜歯をしてインプラントをしましょう」と言われましたというお話が多いことも事実です。

ある世界的に有名なスウェーデンの歯科医師が「インプラントは欠損してしまったところを補うための人工材料であって、決して天然歯に代わるものではない」という言葉を残しております。これは決してインプラント治療を否定するものではなく、歯科医師はまず歯を残すことに全精力を注ぐべきであり、安易に抜歯してインプラントという考えに対して警鐘を発しているものと考えます。

天然歯を保存するために、マイクロスコープを用いた歯根端切除術や意図的再植、また歯周組織再生療法や自家歯牙移植など最先端の多くの技術が開発されております(詳細は、根管治療・歯牙移植専門サイトをご参照下さい)。もちろん、適応症がございますので、お気軽にご相談下さい。

3.むやみに歯を削らず、最大限に歯質の保護に努めます

歯のエナメル質は、モース硬度(ダイヤモンドが一番硬く10となっています)で7という、人体の中で断トツに硬い組織となっております。これは、食べなければ生きていけないという人体の組織の中で遺伝子的に組み込まれた仕組みと言えます。

このエナメル質が破壊される原因は大きく3つあり、1つ目は虫歯です。虫歯に関連する細菌が酸を産出し、エナメル質を溶かしていきます。甘いものが好きであることや、だらだら食べ(間食も含む)をしているなど生活習慣病と言われています。当院では、虫歯になりやすさや唾液の性質などを調べるカリエスリスクテストも実践しており、虫歯予防に力を入れています。

2つ目は、咬耗や摩耗によるもの、例えば激しい歯ぎしりや食いしばりの習癖がある、または歯ブラシの選択や使い方が間違っているなどの要因でエナメル質が破壊されることが挙げられます。

3つ目は、最近問題になっている酸蝕症です。エナメル質は、pH5.4以下の酸性に傾くと溶けることがわかっています。しかし、我々が現在口にするものの多くが酸性であり、特にワインや柑橘系の飲み物、炭酸飲料、黒酢、ビタミン剤などは要注意です。また、多くの口腔衛生予防品(うがい薬やデンタルリンス類など)も酸性製品が多いため、使用にあたってはご相談下さい。

4.徹底的に歯の神経の保存にこだわります

歯の神経は取らない方がいいことは皆さんもご理解いただけることです。ですので、歯の神経を取る、抜髄処置の診断はより慎重に行わなければなりません。まずは、今まで神経を取ると診断された歯も一部は残せることがわかってきました。それには、専用のセメントであるMTAセメントが開発されたことが大きく寄与しています。しかし、その使い方が難しく、少なからず経験がいります。深い虫歯で神経が露出すれば抜髄処置をしてきた症例の多くが神経の保存に成功しております。また、今まで神経を取るという処置は根の先まで根こそぎ取っていたのですが、ケースによっては神経の途中まで取ることで問題が解決することもわかってきました(断髄処置と呼ばれています)。

つまり、いきなり神経をすべて取る治療の前に残る可能性のある歯髄は残すというこだわりは必要だと感じています。しかし、もし不幸にして根っこの先まで神経を取る場合も、適切な抜髄処置を行うことで将来根の先が膿んでしまうことを極力防ぐことができます。最初に抜髄処置を行ったクオリティーがその歯の寿命を決めると言って過言ではありません。詳しくは、根管治療・歯牙移植専門サイトをご参照下さい。

5.よく噛めて、見た目も美しい治療を追及します

歯科治療の最終目的は、“よく噛めて、見た目も美しく”ということに尽きると思います。よく噛めて(機能的な歯列の回復)、見た目が美しく(審美性の改善)という目標を達成するには、多くの治療オプションを持っていなければなりません。幸いなことに当院では、院長、副院長は多くの学会の専門医、指導医を取得しており、また矯正専門医が月に3回治療に当たることで、包括的な歯科治療の実践が実現しております。

それぞれの患者様にベストな治療が提供できるクリニックではありますが、実際はいくつもの制約がある中での治療がほとんどですので、ご希望に合わせた治療計画を立案し、患者様と相談しながら治療を進めていきます。