入れ歯(義歯)

福西歯科クリニックの入れ歯(義歯)へのこだわり

当院の保険外の入れ歯は、患者様のお口にしっかりとフィットし、良く噛めるように、じっくりと時間をかけて作製いたします。作製過程で、見映えなどは患者様のご意見を十分に反映させ、必要に応じて歯科技工士にチェアサイドに来てもらい、実際の患者様のお口の状況を確認して入れ歯を作製いたします。
入れ歯の床の部分は金属を使用しておりますので、たわみがなく、丈夫ですので、残存歯への負担を最小限にするだけでなく、薄くて軽いので異物感も少なく、金属のもつ熱伝道性によって、きっとお食事もおいしく感じられます。
入れ歯の維持を増大させるため、場合によっては、各種アタッチメントやマグネットの使用、またはインプラントの補助的使用を選択していただけますので、より快適にお食事ができるようになります。

入れ歯(義歯)の種類

当院では、たくさんの入れ歯の選択肢の中から患者様に一番合ったものをご提案させていただきます。

プラスティック義歯(保険適用)

特徴
  • 費用負担を抑えることができ、破損が生じても、修理がしやすい

※ただし、臭いや汚れが吸着しやすかったり、長期間の使用で変色やすり減りが起こる。

超精密義歯(自費診療)

特徴
  • 丈夫である
  • 軽く薄い義歯が作れるので異物感が少なく、お食事がおいしく感じる
  • よく噛める

アタッチメント義歯(自費診療)

特徴
  • 針金を使わないので、見た目に違和感がない
  • 金属の留め具がないため、金属アレルギーの方でも安心

マグネット義歯(自費診療)

特徴
  • 針金を使わないので、見た目に違和感がない
  • 着脱が簡単

インプラント義歯(自費診療)

特徴
  • 見た目にも機能的にもご自分の歯とほとんど同じである
  • 入れ歯の中で最も固定力が高い
  • 外れる心配もなく、しっかりと噛める

入れ歯(義歯)治療の症例

Case1(上下に入れ歯を入れ、満足な食事がとれている症例)

前歯に仮歯を入れ、後ろには仮の入れ歯を入れて調整を繰り返していきます。

調整が終わりましたら、まず前の歯の型取りをして、最終の被せ物を作成します。

矢印

その後、後ろの歯の無いところの型取りをして金属床の入れ歯を作成します。

前の歯と後ろの入れ歯を同時にお口の中にセットします。

矢印

下も同じく前の歯に仮歯を入れ、後ろに仮の入れ歯を入れて調整します。

まず、前の歯の型取りをして被せ物を作成します。

矢印

このように、前の歯と後ろの入れ歯が一体化するように同時に作成していきます。

矢印

お口の中にセットした状態です。ぴったりと適合していることがわかります。

前から見た状態。入れ歯の留め金(金属部分)が極力見えないように工夫しています。

実際は、唇が覆いかぶさって、金属部分はほとんど見えません。

 

Case2(入れ歯をチタン床で作製した症例)

前に仮歯を入れた状態。

前の仮歯に合わせて、後ろの仮の入れ歯を入れた状態。この状態で、痛くなく、よく噛めるまで調整していきます。

矢印

まず、前の歯の型取りをして最終の被せ物を作製します。

前の歯を入れた状態で後ろの入れ歯の型取りをします。

この場合の金属床は、現時点で一番薄く、また軽いとされているチタンを用いています。

矢印

まず、前の歯の被せ物を作製します。ぴったりと合っているか、見た目はきれいか、噛み合わせに問題はないか、などを十分にチェックします。

 

その後、チタン床を入れて、前の歯と合っているか、歯茎に隙間はないか、噛み合わせは大丈夫か、などを十分にチェックします。

 

前から見たところです。入れ歯の留め金も目立たず、見た目にも気になりません。

 

Case3(残っている歯が少ない入れ歯の症例)

上の歯が3本になっています。できるだけ歯に負担をかけない入れ歯を設計します。

 

右の上にはブリッジを作製し、左の上は単独で冠を作製します。

まず、歯の型取りをして、冠を作製後、その冠に合わせた入れ歯の型取りを行います。

 

矢印

入れ歯が完成しました。上あごの部分は大きく覆いますが、できるだけ違和感のないようにチタン床で作製しました。

被せ物と入れ歯を同時に作製し、同時にお口の中に装着します。

矢印

被せ物を装着した状態です。噛み合わせのチェックを行います。

入れ歯を装着した状態です。チタン床は薄く、またフィットもいいので違和感は少ないのです。

 

Case4(被せ物と入れ歯をつなげている症例(上あご部分を覆わない入れ歯))

元々入っていた入れ歯。入れ歯の面積が狭いために、咬むごとに動くことで満足に食事がとれないとのことでした。

 

仮の歯に仮の入れ歯を装着しました。上あご部分を入れ歯の床で覆うため違和感が強く、話しづらいことと食物を飲み込みにくいことが問題になりました。

矢印

上あごを覆わない方法としてコーヌスクローネという入れ歯を作製しました。前の歯に内冠を入れ、その上に外冠を被せることで上あごを覆わない入れ歯ができます。

入れ歯を内側から見たところです。内冠と外冠が、ちょうど茶筒のような関係で、取り外しができるようになっています。

矢印

入れ歯をお口の中に入れた状態です。上あごを覆うことがなくなったため、違和感もなくなり、非常に快適に使っていただけます。

前から見たところです。留め金がないため、見た目にも入れ歯が入っていることがわかりません。

しっかりとした金属床で治療した症例

被せ物と入れ歯をつなげている症例