歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは歯と歯肉の境目から細菌が侵入し、歯を支える組織(歯根膜、歯槽骨)が破壊される病気で、歯肉から血や膿がでる、歯がぐらつく、口臭がする・・・ などが歯周病の主な自覚症状です。

歯肉炎は、歯ぐきに炎症が起きた状態、歯周炎は、歯を支えている組織まで炎症がすすんだ状態をいいます。

軽度な状態では自覚症状がない場合がほとんどであり、気付かない間に病気が進行するため「silent disease」と呼ばれ、自覚症状が出るころには重篤な場合が多く、気付いたときには歯を残すことが困難な場合も少なくありません。

いきなり歯周炎になることはなく、必ず歯肉炎から移行していきます。歯肉炎の状態であれば治すことは十分可能ですが、一旦歯周炎になれば基本治すことはできません。(一部歯周組織再生療法では可能なケースもあります。)

歯周病とは歯と歯肉の境目から細菌が侵入し、歯を支える組織(歯根膜、歯槽骨)が破壊される病気で、歯肉から血や膿がでる、歯がぐらつく、口臭がする・・・ などが歯周病の主な自覚症状です。

歯肉炎は、歯ぐきに炎症が起きた状態、歯周炎は、歯を支えている組織まで炎症がすすんだ状態をいいます。

軽度な状態では自覚症状がない場合がほとんどであり、気付かない間に病気が進行するため「silent disease」と呼ばれ、自覚症状が出るころには重篤な場合が多く、気付いたときには歯を残すことが困難な場合も少なくありません。

いきなり歯周炎になることはなく、必ず歯肉炎から移行していきます。歯肉炎の状態であれば治すことは十分可能ですが、一旦歯周炎になれば基本治すことはできません。(一部歯周組織再生療法では可能なケースもあります。)

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでおり、普段はこの細菌が悪さをすることはないですが、ブラッシングが十分でない、砂糖を過剰に 摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く、うがいをしただけでは落ちることはありません。この歯垢(プラーク)1mgの中には、10億個もの細菌が住みついていると言われており、 その細菌が虫歯や歯周病を引き起こすのです。

そのたくさんの細菌の中でも歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉が炎症し、 やがて歯を支えている骨までも溶かしていく大変恐ろしい病気のことで、結果的に歯を失う原因となるのです。歯垢(プラーク)は、取り除かなければ硬くなり、歯石に変化し、歯の表面に頑固に付いているため、 歯石は通常のブラッシングだけでは取り除くことができません。その状態を放置していると歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるのです。

つまり、歯周病は「細菌」による「感染症」なのです。

歯周病(歯肉炎・歯周炎)の症状

歯肉炎の主な症状

  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎に赤みが出る
  • 歯みがきの時に出血する

歯周炎の主な症状

歯肉炎が悪化すると歯周炎となり、以下の症状がでます。

  • 歯茎が腫れる歯茎から膿が出る
  • お口の中がネバネバする
  • 歯茎が下がる、歯が長く見える
  • 冷たいものや、熱いもの、酸っぱいものがしみる
  • 口臭がする
  • 歯がぐらつく、抜け落ちる

あてはまる症状はありましたか?
気になることがありましたら、いつでもご相談ください。

当院では歯周病専門の歯科医師と歯科衛生士が連携をとり、患者様一人一人に応じた歯周病治療の提案をし、患者様の疑問や不安を解消したうえで治療を行っております。

生涯で一本でも多くの歯を保存できるように、またそれが患者様の体の健康・笑顔につながりますように・・・お手伝いさせていただきます。

福西歯科クリニックの歯周病治療へのこだわり

  • 当院の院長は日本臨床歯周病学会の指導医です。
  • 当院では歯科医師だけでなく歯科衛生士も担当制とさせていただいておりますので、患者様個々のお口の中の状況を正確に把握し、長期にわたり適切に歯周病をコントロールしていくことが可能です。
  • コーンビームCTにより骨欠損部のより正確な診断とより的確な処置が可能です。
  • マイクロスコープやルーペを使用し、精密な歯石除去を行います。
  • 歯周病によって失われた歯周組織を回復させる最新の外科手術「再生療法」も積極的に行っております。

歯周病治療の流れ

1.ブラッシング指導

残念ながら「磨いている」と「磨けている」は違いますので、毎日のご自分での歯磨きで適切に汚れを落とせるように指導させていただきます。予防の基本はご自分での適切なブラッシングです!

矢印

2.歯周検査

細菌の棲家となる歯と歯肉の境目にある歯周ポケットの深さを測定します。これまでの歯周病の進行状況や、今現在の炎症の状態、歯石の付着状況を把握し、対処法を検討します。

矢印

3.歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)

歯根の表面に沈着している歯石や付着している歯垢を専用の器具を用いて除去します。原因となる汚れ(細菌)が除去できれば歯周組織の炎症は改善されますが、深い歯周ポケットでは内部の細菌を除去することが困難な場合もあります

矢印

4.再評価(再歯周検査)

術前の検査結果と比較することで、歯周ポケットの減少や炎症の改善など、歯石除去による成果を確認します。この時点で、問題が解決されていればメンテナンスへ移行します。問題が解決されていなければ外科的な処置が必要となる場合があります。

矢印

5.外科処置(手術)

残存している問題を解決するために、盲目的な処置で除去できなかった歯石の除去や歯周病が再発しにくい歯周環境の獲得、失われた歯周組織の再生などを目的とした手術が必要となる場合があります。

詳しくはこちら

矢印

6.メンテナンス

適切な処置を行い、問題が解決した後はご自分での毎日のブラッシングでお口の中を清潔に保っていただきます。しかし、歯ブラシの届かない歯周ポケット内では徐々に細菌が増加し、3ヶ月を過ぎると再び悪玉菌が増加してくるといわれておりますので、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けていただくことが、歯周病の再発の予防には不可欠です。

詳しくはこちら

歯周病治療の症例

実際の症例画像を掲載しておりますので、血液などが写っている画像もございます。苦手な方は、ご注意ください。 

Case1(歯肉炎をブラッシングと歯肉切除で治療した症例)

重度の歯肉炎でブラッシング時に歯茎から出血を認めます。

このような場合は、まずは徹底的にブラッシング指導を行い、炎症が消退するのを確認します。

増殖した歯茎は、完全には元の状態に戻らないので、炎症が引いて歯茎が硬くなった時点でメスによる切除を行います。

矢印
 
 

歯茎を切除した後も適切なブラッシングを行うことで、健康な状態を保つことができます。

歯肉炎は、歯周炎と違って、骨にまでは炎症が進んでいないので、簡単な手術で回復することができます。

(もちろん、ブラッシングだけで治ることもあります)

Case2(歯茎の下までう蝕が進行した歯に歯肉を下げる手術で処置をした症例)

被せていた冠が外れたということで、来院されました。

う蝕が歯茎の下まで進行しています。

このままの状態で土台を立てることができません。

健全な歯質が歯茎より上に現れるように、歯茎を下げる手術を行います。

矢印

歯茎を下げる手術を行って1週間後の状態です。

歯茎が健全な状態になるまで約2ヶ月待ちます。

歯茎が硬く、健全な状態になったところで金属の土台を立てます。

歯茎より上に健康な歯が確保されています。

矢印
 
 

笑うと見えるところですので、患者さんの希望によりセラミックの被せ物を装着しました。

Case3(部分的な歯周病を歯周組織再生療法で治療(骨の再生)した症例)

奥歯で物を咬むと痛みがあるとのことで来院されました。

下顎第二大臼歯に動揺が見られ、歯周病が疑われました。

第一大臼歯と第二大臼歯の間が歯周病のため、骨が吸収しています。

歯周組織再生療法により、歯周病を治すことを計画しました。

矢印

歯周組織再生療法の手術を行いました。骨を再生させるために“エムドゲイン”という特別な薬剤を使います。

約6か月後のレントゲンです。完全とはいきませんが、大半の骨が再生されています。

歯の動揺も治まり、よく噛めるようになりました。

治療前のX線像

治療後のX線像