矯正治療

歯並びだけ改善すればいいと思っていませんか?
見た目だけを改善する矯正治療は行いません!!
“審美的”にも “機能的”にも優れた矯正治療を行います。
日本顎咬合学会指導医(咬み合わせの専門医)と矯正専門医がタッグ

無料相談について

歯並びや噛み合わせでお悩みの方はいませんか?
当院では、専門医によるカウンセリングを初回無料で行っております。
日頃から気になるお悩みを聞かせていただき、あなたに最も適した治療方法をアドバイスさせていただきます。

福西歯科クリニックの矯正治療へのこだわり

矯正治療と言えば、一般的には”見た目をきれいにするために歯並びを変える”と思われています。確かにそのような目的の矯正治療が多いことは事実ですが、その前に“噛み合わせ”が大事であることが見過ごされていることもあります。矯正治療とは、歯の位置を変える治療ですが、もちろんそのことで噛み合わせも変わります。例え前の歯だけをきれいに並べると言っても噛み合わせがきちんとしていなければ前の歯のポジションが決まらないのです。


・当院では、矯正専門医(日本矯正学会 認定医)と噛み合わせ専門医(日本顎咬合学会 指導医)がタッグを組んで治療に当たっております。審美と機能が一体化してこそ“見た目が良くて、よく噛める”状態にできるのです。

 

・当院の矯正対象患者さんは、子供さんはもちろんですが、成人の方も多いのが特徴です。例えば歯周病の原因が歯並びが悪くて清掃ができないことも多いので、矯正治療をすることで、よく磨ける状態に歯を移動することが大切です。また、自家歯牙移植をした後の歯を適切な位置に動かすことで満足な噛み合わせを回復することもできます。さらに、見た目をきれいにするために神経を取って歯の方向を変えることも、ちょっとした矯正を行うことで神経を取らずに目的を達成することができます。このように全顎に渡る大きな矯正だけではなく、部分的な矯正も必要なことが多いのです。

 

・当院では、月に3回矯正専門医が治療に当たっておりますが、無料にて矯正治療に関する相談も受け付けております。ご都合のいい日程や時間などは、お気軽にご連絡下さい。

矯正装置の種類

ブラケット矯正

歯にブラケットの装置を付け、そこにワイヤーを通して、歯を動かすスタンダードな装置です。

  • 金属ブラケットの場合、他の装置よりも治療期間が比較的短い
  • セラミックブラケットの場合、金属ブラケットよりも目立ちにくい

 

 

舌側矯正

歯の裏側にブラケットの装置を付け、歯を動かす装置です。

  • 歯の裏側にブラケットを付けるため、目立たない
  • 虫歯のリスクが低い

 

 

マウスピース矯正(インビザライン)

当院でおすすめしている装置です。

  • 取り外しができて衛生的で食べたいものが食べられる
  • 金属アレルギーの方も安心
  • 透明なので歯に付けていても目立たない

 

矯正治療の流れ

  1. Step1歯並び、噛みあわせの気になる所についてお話しを伺います。簡単にお口の中を拝見し、矯正治療の流れについてお話をします。
矢印
  1. Step2お顔の写真やお口の中の写真、レントゲン写真や歯型を採り、現在の噛みあわせの状態を記録します。それらの資料を分析し、治療の方法を検討します。
矢印
  1. Step3検査結果に基づき、治療方針や治療方法・治療期間・費用等の説明をさせていただきます。 矯正治療に対する患者様のご希望も改めてお伺いし、そのご希望が可能かどうかに関してもしっかりとご説明致しますので、ご不明な点は何なりとご質問くださいませ。
矢印
  1. Step4治療の方法に同意を頂ければいよいよ治療開始です。
矢印
  1. Step5ブラケットを装着しての治療(動的治療といいます)が終了するとその噛みあわせを安定させるための保定期間に入ります。

矯正治療症例

Case1叢生(そうせい)の症例

Before After
叢生(そうせい) 矢印 症例2

叢生が大きかった為、上下左右の4番を抜歯し、配列しました。

Case2反対咬合(はんたいこうごう)の症例

Before After
反対咬合(はんたいこうごう) 矢印 反対咬合(はんたいこうごう)

上の右2番から左の2番の歯が反対咬合・ 上の右2番と左の2番の歯が矮小歯であったため、上の右2番から左の2番の反対咬合を非抜歯にて改善し、上の右2番と左の2番の歯を標準の大きさとしました。